地域おこし協力隊のココがすごい!

国が支援する制度!
給与あり+活動費支給


任期終了後、6割の方が定住!

1割以上の方は起業!

地域おこし協力隊って?

地域おこし協力隊とは、地方に大都市圏の人材を受け入れ、大都市圏で培った経験・アイデアなどを活用し、地域活性化や定住を図る総務省の制度です。おおむね1年以上3年以下の期間地域で生活し、各種の地域協力活動を行います。

2009年度にスタートした協力隊は、年々隊員数が増えており、2018年度には過去最高の5,359人となりました。
2024年度には8,000人を目指しています。

定住・起業のための活動をサポートする制度・支援が充実

任期は1〜3年

任期は1年~3年と期限が決まっています。移住・独立の準備がしっかりとできます。
給与以外の活動費支給

給与以外に隊員の活動に要する費用を支給されます。(給与と合わせて最大400万円)
起業時上限100万円
まで支給

任期終了後、起業する場合には準備資金として最大100万円が支給されます。
隊員の4割が女性

隊員の4割は女性となっています。女性の感性を活かし、地域で活躍しています。
副業OK


地域によっては副業OKのところも。独立に向けて自分の事業の準備ができます。
6割が定住
7割は20~30代

20〜30代の若者が多く、任務期間終了後も6割の人が定住しています。

募集中の地域

各地域の地域おこし協力隊は、時期により採用シーズンが異なります。ここでは現在採用を積極的に行っている自治体の求人をご紹介します。
未来の子どもたちのために、林業の担い手となって明るい森林をつくりませんか?
【安心のサポート体制/子育て支援充実のまち】

地域農業の発展のために活躍したい方、日野町で鳥獣対策に取り組んでみませんか?
【通勤手当あり/住宅手当あり】
米作りを学びながら、各種イベントの企画や特産品の開発に取り組みませんか?
【完全週休二日制/無料の住宅を用意】
自然・食・人の魅力に自信あり!農業を活かした地域づくりを行う隊員を募集しています。
【暮らしやすさ◎/独立支援あり】

隊員の活動日誌

実際に協力隊員として全国各地に赴任した先輩隊員が活動をレポート!
赴任したら何をやっているのか?どんな地域で何が行われているのか?そんな疑問を解決し、自分が隊員になった時をイメージしてください!

coming soon
coming soon
coming soon

募集をお考えの自治体の皆様へ

当サイト [第一次産業ネット] への隊員募集掲載
お問い合わせは

コチラから